FC2ブログ

ユーロ圏の経済不安が治まらない

ギリシャの経済危機に関して、ユーロ圏各国とIMFが協調して融資することで解決し、経済不安も沈静化するかと見られていたが、ギリシャ以外にも財政に不安を抱えている国が複数ありそれらの国へ飛び火するかという疑念が拭い去れず、それらの心配が市場での信用不安に繋がり更なる金融危機に襲われそうな兆候が見え始めている。

経済が弱体化している日本への影響が深刻化する前に治めて欲しいものである。


スポンサーサイト

米国大手金融機関6社全てが黒字決算

米国大手金融機関大手6社の2010年第一期(1~3月期)の決算が出揃ったが全てが黒字決算ということで米国の景気回復基調が続いていることが確認されたようだ。
しかしながらゴールドマンサックスが米国証券取引委員会により金融危機を招いた責任を追求されたが、他の金融機関についても責任追求を進めていくとの姿勢があるということなのでまだ波乱は起こるかもしれない。

アイスランドの火山噴火が世界に影響

アイスランドの火山の噴火が吹き上げる噴煙が航空機の飛行に支障を来たすということでヨーロッパでは広い範囲で飛行禁止の処置が取られている。

その影響でいろいろなところに影響が出ている。
人の移動だけでなく物の輸出入が止まってしまうので、食料品から工業品などの不足により経済活動に多大な影響が出はじめている。
噴火が長引くと2次3次の被害が発生する恐れがある。

theme : ヨーロッパ
genre : 海外情報

6月から改正貸金業法の実施、認知度が低い

改正貸金業法では、借入金の総量規制があり、年収の3分の1以上は借りられないとなっている。
日本貸金業協会が消費者金融やクレジットカード利用者を対象に行った調査では、凡そ50%の人が、このことを知らないということだった。
このまま改正貸金業法が完全実施されると借りられ無くなる人が多く発生して新たな問題になりそうである。

第一生命の株式公開

4月1日に第一生命の株式が公開される。
同社の保険契約者に株が分配されることから多数の個人株主が誕生することになる。
株主数ではNTTの公開時の個人株主数よりも数が多いということで、証券会社はキャンペーンを行うなどで顧客確保にしのぎを削っているようである。

株式市場が大分持ち直してきたので、保有株式の多い生保各社は含み資産の上昇で含み益が大分出ているようである。

Google 検索
Google
情報ターミナル
関連情報を見に行こう

RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

eagle21

Author:eagle21
FC2ブログへようこそ!