FC2ブログ

女子プロゴルフツアー 古閑美保選手が雨で途中中断しながら優勝

24日、国内女子ツアー第23戦「CAT Ladies」の最終日が神奈川県の大箱根CCで行なわれた。
スタート前から降り続いていた雨は時間の経過とともに強まり、グリーンに水が浮く状態になり、11時40分に一時中断し、13時41分の再開後も雨は断続的に降り続け、全体的にスコアが伸び悩む展開となった。

報道によると、試合の展開は、「注目の優勝争いは中盤以降、古閑美保、三塚優子、全美貞(韓国)の3つ巴の様相になった。
古閑と全が通算9アンダーで首位を並走する中、三塚が13番でバーディを奪い、通算9アンダーで2人に追いつく。その後、三塚は14番、17番でボギーを叩いて脱落。全は、古閑と通算9アンダーのままで並んで迎えた最終18番パー5。3オンに成功したものの、ファーストパットが約3メートルショートし、これを外して痛恨のボギーを叩いてしまう。
一方の古閑は、最終18番で1打目、2打目とラフに入れるが、3打目をピン右5メートルにナイスオン。バーディを逃すも確実にパーで終え、今季2勝目、通算9勝目を飾った。全は通算8アンダーの単独2位。通算7アンダーの単独3位には、初日、2日目と同じように終盤の勝負どころでボギーを重ねてしまった三塚優子。通算6アンダーの4位タイには、佐藤靖子と李知姫(韓国)が入った。

ディフェンディングチャンピオンの横峯さくらは、前半に3ストローク伸ばして一時は首位に1打差に詰め寄ったものの、後半で3ボギーを叩いて失速。通算4アンダーの9位タイで終えた。上田桃子は改造中のパットが冴えず、この日1バーディ、7ボギーの「79」。通算2オーバーの29位タイに沈んだ。 」
と言う結果になった。

ゴルフスイングとコアメイクのコツ

スポンサーサイト



theme : ゴルフ
genre : スポーツ

Google 検索
Google
情報ターミナル
関連情報を見に行こう

RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

eagle21

Author:eagle21
FC2ブログへようこそ!