FC2ブログ

FOMCが政策金利を大幅引き下げ

英国でサブプライム問題がらみで銀行が取り付け騒ぎを起こし、また、金融市場に大きな影響を与えた。
問題の沈静化を目指して、米国FOMCが市場予想の0.25%を大きく上回る0.5%の利下げを行った。
米国市場では、政府のサブプライム問題に対する姿勢を好感し、株価は大幅な上昇をした。 その影響で日本の株式市場は、6年ぶりの大幅な上昇があった。
ただ、日本の市場は、海外投資家が多く、ここ数日の外人投資家の動きは売り越しとのこと。
この問題の実態がまだまだ見極められないため、市場は、一時的な反応に留まり、まだまだ収束する気配は無い。
国会は開店休業状態、早く安定するのを待つしかないかな!
スポンサーサイト



theme : 株式市況
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

Google 検索
Google
情報ターミナル
関連情報を見に行こう

RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

eagle21

Author:eagle21
FC2ブログへようこそ!