FC2ブログ

米国の景気懸念

ここのところの米国の株式市況は、昨年度の決算発表と今年度の見通しもほぼ出尽くし、サブプライム問題の影響の範囲もほぼ見え、原油もピークに近くなったんではないかとの見方もあり、底堅い推移をしているかに見えていましたが、昨日(6月6日(金))のNY株式市場は「米失業率の大幅悪化に加え、原油高が個人消費や企業業績に悪影響を及ぼすとの懸念が広がり、幅広い銘柄で売り注文が膨らんだ。」ということで、1年3ヶ月振りの下げ幅を記録したとの事だ。米国景気はまだまだ底を打ったとはいえないようである。

これで、月曜日の東京株式市場も大幅な落下になると思われる。そうなったとしても日本の政府は、経済対策などに関する具体的な案は、出て来ないのだろうか?
外資を追い出して、後はそのままではあまりに無責任だと思うが如何だろう。

日本の先行き指標となる日経225はどのくらい下げるのか!

日経225先物取引とはここを参照 
スポンサーサイト



theme : アメリカ合衆国
genre : 海外情報

comment

Secret

Google 検索
Google
情報ターミナル
関連情報を見に行こう

RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

eagle21

Author:eagle21
FC2ブログへようこそ!